住宅ローンが払えない場合でも【自宅を残す方法を考える】

自宅を残すための対策

リスケジュール

競売が開始されていない状態であれば、債権者である金融機関に返済額や返済期間を組み直してもらうよう相談することが可能な場合があります。

 

これは債権者の方針にもよって大きく異なりますので、事前に相手を調べてから交渉することをお勧めします。

 

リースバック方式による任意売却

第三者に自宅を購入してもらい、賃貸として住み続ける方法があります。月々家賃を支払って住み、経済的に安定したところで、再度ローンを組み直して買い戻すこともできます。

 

身内に協力してくれる人が居ればよいですが、居ない場合は投資家グループのネットワークを持っている専門家に相談することをお勧めします。

 

小規模個人再生法手続き

法的な手続きですが、自己破産とは違い住宅を残したままで債務を整理することができる画期的な手続きです。

 

サラリーマンなど安定した収入が見込める場合であれば、十分に利用できる可能性はあります。

 

まずは、自分が利用することができるのかを専門家に相談する必要があります。

誰に相談するかがとても大切です!

自宅を残す方法は上記のように3つのパターンあります。

 

ご覧いただいて分かるように、非常に法律的な知識と経験値、交渉力が必要となる方法です。

 

ですから、どの様なところにサポートをお願いするかによって、あなたが再スタートを切る方法が大きく違ってしまうのです。

 

下記の機構は、相談者の親身になって、自宅を残す方法を考えてくれます。

 

電話での無料相談窓口を利用して、今すぐ相談してみてください。

 

日本法規情報

 

住宅ローンの滞納や延滞、競売の取り下げなど、住宅ローン問題や消費者問題についての相談を受け付けている団体です。

日本法規情報社内


ローンの返済が滞っている状態で、自宅を残す方法に付いてどういうものがあるかを相談してみることをお勧めします。
必ず解決策は見つかります。
あきらめないで、今すぐ下記の窓口から相談してみてください。

 

無料相談窓口:050-5577-7415

 

住宅ローンをたいのうしていても自宅を残すことは可能

住宅ローンを滞納していても自宅を残すことは可能です
2013年の3月で金融円滑化法が終了したことにより、返済期間を延長したり、元金の返済を待ってもらうようお願いすることが、やりづらくなってしまいました。
しかし、リースバック個人再生法などを使って、自宅を守る方法は残されています。
住宅ローンの支払いが滞ってから、できるだけ早めに専門家に相談することで、選べる選択肢は広がります
自分だけで抱え込まずに専門家へ相談してみてください。
きっと新たな道が開けるはずです。

 

あきらめないで、下記の対策方法を一つずつ検討してみてください。

あきらめないで、今すぐ専門家に相談してください!

住宅ローンのの支払いができていないのに、見てみぬふりをして、自分をごまかしていませんか?

 

時間が経てば経つほど、あなたが選べる選択肢は狭まっていきます。

 

不利な方、不利なほうへと追い詰められてしまいます。

 

「どうせ払えないのだから、何をしても無駄だ!」

 

「何をしたって家を追い出されて、自己破産しなければならないんだ!」

 

「競売開始決定通知がきたから、もう手遅れだ・・・」

 

「会社に支払いが滞っていることを知られたくない・・・」

 

そんなことはありません。
日本の制度は住宅ローンが払えなくて苦しんでいる人には、かなりの優遇措置を残しているんです。

 

自宅に済み続けることもできるし、住宅ローンの残債を大幅に減らすこともできる可能性が残っているのです。

 

何も手を打たないで、じっとしている時間がもったいないです。

 

あきらめないで、今すぐ専門家に相談してください。
必ず道は開けます。

 

住宅ローンが払えなくても!自宅を残す対策

参考サイト