住宅ローンが払えない【自宅を残す対策方法】

住宅ローンを払えなくても自宅を残す方法

昨年、2013年3月31日をもって金融円滑化法が終了しました。
金融円滑化法とは国が各金融期間に、住宅ローンの借り手から、”返済額の軽減”や”返済の猶予”の相談があった場合に協力するよう義務付けたものでした。

 

この法案が終了しても4月からすぐには影響が出ないだろうと言われていましたが、4月に入って銀行の態度が急変しているというご相談が多く入ってきています。その後も住宅ローン滞納者に対しては、早めに回収しようと風当たりの強い対応となっているようです。

 

住宅ローンを滞納している場合は、できるだけ早めに専門家に相談する必要があります。

 

無料で相談に乗ってくれる専門機関もありますので、まずは相談窓口を利用してみてください。

 

日本法規情報

 

住宅ローンの滞納や延滞、競売の取り下げなど、住宅ローン問題や消費者問題についての相談を受け付けている団体です。

日本法規情報社内


ローンの返済が滞っている状態で、自宅を残す方法に付いてどういうものがあるかを相談してみることをお勧めします。
必ず解決策は見つかります。
あきらめないで、今すぐ下記の窓口から相談してみてください。

 

無料相談窓口:050-5577-7415

 

自宅を残す対策など本当にあるのか?

住宅ローンの支払いが滞ってしまうと、「期限の利益を喪失した」ということで住宅ローンの残債を一括で支払うよう請求されます。
一度こういった状態になると、今から遅れずに払いますから許してくださいと言っても聞いてくれません。
全額を一括で支払うか、家を競売に掛けて強制的に売ってしまうかという2つの選択肢しか無いような話になってしまいます。

 

しかし・・・!下記のようなことを実現する対策方法も実際にあります。

 

今までどおり自宅に住み続ける。

返済期間を延長して返済額を軽減してもらう。

自宅を残したまま、その他の債務を整理してしまう。

 

早めに専門機関へ相談することで、選択肢は広がります。
まずは無料相談窓口から相談してみてください。